Webデザインセンスや多少知識が乏しくとも、プロっぽいデザインにできる方法があります。Web制作を助けてくれる便利なサイトの備忘録ブログ。

「見つからないフォントは代替されました」を解消する方法

「見つからないフォントは代替されました」を解消する方法

「見つからないフォントは代替されました」を解消する方法

イラレのデータをやり取りしていると、フォントの有無によってファイルを開く際に「見つからないフォントは代替されました」というウィンドウが表示されることがあります。完全に解消するには、無いフォントをインストールするしか方法はありませんが、無いフォントを有るフォント代替しても解消することは可能です。ただどこにそのフォントが使用されているのかを発見するのが何とも面倒な作業になりますが、どこにどのフォントが使用されているかは簡単に発見することができます。

illustratorCS5でのやり方を記載しています。

「見つからないフォントは代替されました」を解消する方法

代替フォントになっている箇所を確認
代替フォントになっている箇所を確認ファイルを開く際に、「見つからないフォントは代替されました」というウィンドウが表示されても、とりあえず無視して「OK」をクリックしてファイルを開きます。
「ファイル」「ドキュメント設定」より「代替フォントを強調」にチェックを入れます。すると、下記のように代替されているフォントにはピンクでマーカーされた状態になり強調されます。(画面右の状態)これで確認することができますので、既存のフォントに変更していけばマーカーが外れていきます。

ピンクでマーカーされた状態
個々のフォントがどこに使用されているかを確認
個々のフォントがどこに使用されているかを確認次に個々のフォントがどこの位置に使用されているかを確認していきます。上のメニューの「書式」より「フォントの検索」をクリックします。すると下記の様に、ファイル内で使用しているフォントの一覧が表示され、代替されているフォントには*(アスタリスク)が表示されています。

代替フォントの表記アスタリスクの着いているフォント部分をクリックしてみると、ファイル内使用しているフォントが黒く反転します。

黒く反転上の例では、スペースの部分が無いフォントを使用しているという例です。フォントの検索をしない限り見つけることは難しいところです。
また、置換することもできるため、置換の機能を利用しても良いかと思います。但し、置換してもまだ、「フォントは代替されました」というウィンドウが表示される場合は、孤立点を疑ってみます。
孤立点(余分なポイント)も確認
孤立点も確認CS5等高いバージョンでは孤立点という名前は使われていないようですが、孤立している点(余分なポイント)に無いフォントが使用されて残っているというケースもあります。そこで、上のメニューより「選択」「オブジェクト」「余分なポイント」を選択します。

余分なポイント上は極端な例ですが、アートボードの遠く離れたところに余分なポイントがある時でも発見することができます。ともあれ、最終的に、アスタリスクの付いているフォントが無くなれば、「見つからないフォントは代替されました」というウィンドウが表示されることはなくなります。
ちなみにズームツールをCtrl+ダブルクリックすると画面が最小化(3.13%)されます。

完成
これらの3つの方法を試せばたいがいは解消できると思います。

楽してプロっぽいデザイン|Forty-N-Five Blog Trackbacks

このエントリーのトラックバックURL

コメントを投稿

Name:
Mail:
URL:
この情報を登録しますか?

「見つからないフォントは代替されました」を解消する方法の前後の記事

前の記事は「スタンダードでシンプルな名刺デザイン6種

次の記事は「windows7でillustrator10を起動させると文字が消えてしまう時の解決法

関連する情報

              

楽してプロっぽいデザイン|Forty-n-FiveBlog ホームへ戻る

検索

最近のエントリー

カテゴリー

月別アーカイブ

タグクラウド

Flickr

Created with flickr badge.

管理人紹介

ポートフォリオサイト|Forty-N-Five

Please Click

人気ブログランキング

フィードを取得する

フィードを取得する

スポンサードリンク

運営SHOP

健康美人30代から始める美と健康は、MovableTypeを使用して制作した通販サイトです。

健康美人30代から始める美と健康 もてもてSHOP NOLOOKS 和彩

元気をくれた本

「夢をかなえるゾウ」この本に出会えて良かったとホントに良かった思います。Webには関係ないですが、これからの人生を楽しくしてくれる本です。ガネーシャどうもありがとう(笑)

Copyright Forty - N - Five. All rights reserved.